「社会実験・FT8 QSOパーティ」規約

「バーチャル・ハムフェス2021」実行委員会は、「バーチャル・ハムフェス2021」に併催するイベントとして、

「バーチャル・ハムフェス2021」併催「社会実験・FT8 QSOパーティ」

を開催します。「QSO部門」と「解析部門」の2部制です。

【趣旨】

  • QSOパーティに「アカデミック」な要素を。
  • みんなでできる電波伝搬調査。
  • FT8なら「メインステージ」を見ながらポチポチQSOできる。
  • IARU-R3からの「国内FT8周波数変更の検討要請」に貢献。

【QSO部門】

  1. 目的
    「バーチャル・ハムフェス2021」の開催時間を含む24時間に、全世界のアマチュア局とのFT8による交信を楽しむとともに、解析部門による解析の対象となるデータの収集に貢献する。
  1. 開催期間
    2021年11月12日(金)21:00JSTから11月13日(土)21:00JSTまで24時間
  1. 参加資格
    全世界のアマチュア局。提出したログが一般に公開されることに同意することを条件とする。開催期間中の運用場所の変更も可。
  1. 使用周波数及びモード
    7MHz帯(7100kHz以上における推奨周波数(帯)を開催日までに告知する)。モードはFT8のみ。
    ※IARUからJARLに対する下記検討要請は参照しないことにしました。
    7030~7040kHzまでの1波(有力候補として7031kHz)を開催日までに指定する。
    ※IARU-R3からJAに対し、主に国内交信のために用いられている7041kHzを7030~7040kHzまでの間に変更できないか、検討を求められていることを受けたもの(参考ブログ記事:国内FT8周波数が7041kHzから7037kHzに移行?(追記あり))。
    モードはFT8のみ。

  1. 交信方法
    通常のFT8の交信方法による。一連のQSOの最後に自由文で「HAMFES.COM 73」を送信することを推奨する。
  1. 得点及びマルチ
    通常のQSOで1点。同一局とのQSOは何度行ってもかまわない(データ収集のため、1時間以上あけて同一局と複数回QSOすることはむしろ推奨される)が、得点は1局あたり1点とする。
    交信相手のGrid Locatorの種類数をマルチプライヤーとする。
    総得点=得点合計×マルチプライヤー
  1. ログ提出方法:
    提出者の情報等に、WSJT-X/JTDXが生成するadiファイル(開催期間中のみ)を添えて、Googleフォーム経由で電磁的に提出する。提出窓口は準備中。
    締切:2021年11月23日(火)21:00JST(QSOパーティ当日の10日後)
  1. 結果発表: 全ログデータと順位をハムフェス公式サイトで公表。得点上位者3名には賞状(PDF)を贈呈する。

【解析部門】

  1. 目的:
    QSO部門参加局が提出した全ログデータを解析して、24時間の通信状況(エリア別伝搬等々)の変化を「可視化(価値化)」する。
  1. 参加資格
    全世界の個人・団体
  1. 解析結果の提出方法
    Googleフォーム経由で電磁的に提出。解析結果は、再生時間5分以内の、オンデマンド動画(mp4形式)またはナレーション入りのパワーポイント(pptx形式)にまとめることを推奨する。
    締切:2021年12月31日(金)24:00
  1. 審査委員会
    全国の大学教員ハム有志から組織される委員会(依頼中)。
  1. 結果発表
    全作品をハムフェス公式サイトで公表し、最優秀賞、優秀賞、奨励賞の受賞者には賞状(PDF)を贈呈する。

2021年10月2日 Ver. 1.0公開
2021年10月26日 Ver. 1.1公開(「使用周波数及びモード」の記載を変更)

ご質問、ご要望、ご意見は、hamfesta (atmark) gmail.com までお寄せください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。